総量規制対象外ローンの特徴とは?

総量規制対象外ローンとは、「年収による借入れ上限が存在していないローン」のことを指します。今現在、消費者金融を利用したカードローン契約などに関しては、年収の1/3を超える借入れができないような決まりになっています。このような決まりを総量規制と呼ぶのですが、総量規制対象外ローンに該当するのは、主に銀行のローンです。

例えば、比較的利用される頻度の高いカードローンを例に挙げると、消費者金融系のカードローンは、借入上限のある状態で契約することになります。しかし、銀行系のカードローンの場合は、総量規制対象外ローンとなるため、年収などで借入上限を制限されることはありません。実質的には、総量規制対象外ローンでも規制の範囲内での契約となることが多いのですが、明確な基準がないという点では優遇されているといえます。

これは、必ずしもカードローンだけに関係している訳ではありません。クレジットカードでの買い物なども関係してくるため、取り巻く環境によって利用できる金額は全く変わります。また、銀行系のローンが対象外となることは、「住宅ローンやカーローンは年収よりも大きな契約になる」という状況からも分かります。

もし、総量規制がすべてのローンを対象としてしまった場合、住宅ローンやカーローンを契約することが非常に難しくなってしまうので、その存在意義がほとんど失われてしまいます。そうならない意味でも、対象を貸金業法にのみ限定しています。