アコムで返済日までにお金を返さないとどうなる?

借り入れをした場合は、月々の規定の返済日に口座振替やATMからの入金手続きで返済をしていくのが基本となっています。
もし、支払い忘れに気づいたら、速やかにコールセンターに連絡をするか、ログインして会員専用のページから約束日を設定するかして対処をすると、約束した日までに返済を済ませれば、電話での連絡がありません。
アコムで返済が遅れた場合には、連絡先に指定した携帯電話や自宅の固定電話に連絡があります。だいたい、返済日の翌日から4日後を目処に電話があり、何日頃までに支払えるのか確認されます。アコムでは連絡の際に、利用者本人が電話口に出ていると判明してから社名を名乗りますし、穏やかな口調で対応してもらえますので、家族にも督促の電話とわかりにくいように配慮されています。支払いの約束日を決めた後、約束をした日までにかかる遅延損害利息や、支払う際の手数料を含めた返済額を通知されますので、その日までに決められた金額を支払うようにしましょう。その月までにどうしても支払えない場合は、アコムのカードローンデスクに相談して、とりあえず利息の金額を支払うようにするといいでしょう。月々の返済額を減額してもらうように話し合いができる場合もあります。
一番避けたいのは、何の連絡もせずに、返さずにそのままにしておくことです。返済日の翌週以降に督促状が届いたり、勤務先まで督促の連絡が来たりします。また、2回連続で延滞すると利用停止になることもありますし、91日以上滞納している場合は、信用情報に異動情報として記載され、新規のローンやクレジットカードの申し込みができなくなったり、既存のクレジットカードの利用も停止されたりする恐れがあります。最終的にアコムから裁判を起こされて、給与の差し押さえが行われた場合は、給料日に勤務先から直接アコムに振り込みをすることになり、会社にばれて居づらくなってしまうでしょう。
アコムの借り方|アコムの審査に通る人・落ちる人のポイント【保存版】はこちら